家計の節約に効果絶大 
インフラ事業サービス MINECLUB


時給1000円で1000万円稼ごうと思えば1万時間必要になる金額です!!

節約の提案


MineMobileでは生活に関わるインフラサービス(通信料・共済保険)を提供しています。関わることで毎月の家計の固定費をさげることが出来るようになります。

節税対策


本業(特に会社員)だけの方は、個人で事業されているかたより、必要以上に税金を払っています。会社員が節税対策する場合には事業を始める(控除を増やす)ことで会社で払われた税金を取り戻すことが出来ます。

安定した収入源に


固定費の削減を提案することで安定した収入源を確保できるビジネスです。毎月の固定費を削減することからビジネスが始まり、節税対策もできるようになるのでリスクなくビジネスを始める事が出来るビジネスモデルであると思われます

節約の提案

ASPをブログで始める

通信料金


今やスマホは生活の一部になって無くてはならない通信機器です。家族で月2万円使えば50年後総額で1000万円と大きな出費になっています。マイモバでは設定プラン次第でトータル1万円以下(4人家族)にすることも可能です。

(節約効果50年で600万円!!)

保険費用


保険は固定支出で最も無駄な費用かもしれませんが、もしもの時の為にかけておきたいスマイル共済保健。わずか月額2800円で手厚い医療保障(1日入院15000円)となっています。2万円(4人家族)の保険料が同様それ以上の保障で月額1万~1.5万円以下ならで納得価格です。

(節約効果50年で600万円!!)

電気代(準備中)


電気サービスに関して2021年6月よりサービス開始予定です。割引率未定

節税の提案

家計の節約・節税に効果絶大 
インフラ事業サービス MINECLUB


控除とは

納税額を減らすことができる控除には、大きく「所得控除」と「税額控除」があります。
所得税や住民税を計算する際に課税所得を割り出すのに必要で 「課税所得=総所得-所得控除」 課税所得に対して税率が掛けられて納める税金額が決定されます。控除には扶養控除・経費控除・生命保険控除などがあります。

控除額が100万円減れば単純に税金が20万円増え、逆に控除が増えれば税金が20万円下がることになります

控除申請出来るの!?

家計の節約・節税に効果絶大!!
会社員でも出来る控除申請


経費計上とは

経費とは「事業に関係する費用」です。事業に結び付くものであれば、経費として認められます。また、携帯電話料金や家賃、インターネット代など事業と生活に関係する費用はしっかり区別して、按分(あんぶん)することも認められています。会社員の場合は、家で仕事をしていて私用の携帯電話を使っても通信料を経費計上(控除申請)できません。
会社員が経費計上で節税しようとした場合は、ビジネス(個人事業主)を始める事で控除申請が可能となります。年間200万円の経費計上を申請した場合の節税金額は約30~40万円となります。会社員の給与で納めすぎた税金を損益通算にて取り戻す事も可能となります。

(節約効果50年で1000万円以上!!)

ストック型報酬制度

マインビジネスで稼ぐストック型報酬

マインが手掛ける事業


保険事業市場規模:50兆円 通信事業市場規模:18兆円 
電気事業市場規模:20兆円 (合計市場規模:約100兆円)

マインビジネスは上記の市場にて顧客を獲得していくこととなります。顧客開拓していく方法はMLMとWEBランディング手法を用いてのビジネス展開がとられています

高い継続率 90%以上


消耗品(サプリ・日用品)と違いブランドチェンジが起きにくく、なくても生活出来るものと違い、なかったら不便、不安という商材ですから高い継続率(90%以上)となり、収入の面も上がり下がりが少なく安定します

 

顧客獲得報酬制度


顧客獲得をした代理店には報酬として保険契約(最大:40%) 格安SIM契約(最大30%)の報酬が支払われることになっています。
(例えば)格安SIM:50GB 4480円*30%=1344円/件で「100件で毎月約13万円」「1000件で毎月130万円」のストック報酬が発生します。

 

代理店獲得による報酬制度


共にマインサービスを宣伝していく代理店を獲得された場合においてもストック型収入を得れます。(報酬には)紹介ボーナス8000円~ バイナリーボーナス(1:1) 月4000円 と報酬を獲得しやすいプランとなっています。
全6種類の報酬プランがあります。(顧客獲得報酬プランも含む)

Scroll to Top